クラシック倶楽部

パノハ弦楽四重奏団&岡田博美 演奏会

パノハ弦楽四重奏団岡田博美 演奏会 ▽【出演】パノハ弦楽四重奏団岡田博美(ピアノ)【演奏曲】シューマン:弦楽五重奏曲変ホ長調作品44ほか▽浜離宮朝日ホール

弦楽四重奏曲 ト長調 K.80」
モーツァルト:作曲
弦楽四重奏)パノハ弦楽四重奏団
(14分03秒)
浜離宮朝日ホール

ピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44」
シューマン:作曲
(ピアノ)岡田博美(おかだひろみ)、(弦楽四重奏)パノハ弦楽四重奏団
(24分53秒)
浜離宮朝日ホール

クラシック倶楽部

ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ 演奏会

ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ演奏会▽コンサートマスター・日下紗矢子 【収録】2015年7月16日(木) 武蔵野市民文化会館 小ホール

「カノン」
パッヘルベル:作曲
弦楽合奏)ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ
(4分05秒)
武蔵野市民文化会館 小ホール~

「四季」
ヴィヴァルディ:作曲
弦楽合奏)ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ、(バイオリン)日下紗矢子
(38分10秒)
武蔵野市民文化会館 小ホール~

「「四季」から「十月 秋の歌」」
チャイコフスキー:作曲
弦楽合奏)ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ、(バイオリン)日下紗矢子
(4分10秒)
武蔵野市民文化会館 小ホール~

A8,net

素材ID: 003
素材タイプ: バナー
サイズ: 100 x 100 高解像度バナー

 

 

クラシック音楽館

8月19日(日)放送
N響第1890回 定期公演>

N響正指揮者の尾高忠明による
ロシアの魂を感じさせるプログラムです。

現代最高峰のチェリスト、マリオ・ブルネロを迎えてお届けするのは、
20世紀のソ連時代を生きた作曲家カバレフスキーのチェロ協奏曲第2番。

そして、後半は19世紀ロマン派の作曲家、
チャイコフスキーの傑作、交響曲第5番です。
異なる時代に作られた、趣の異なる大作2曲をお楽しみに下さい。

1.チェロ協奏曲 第2番 ハ長調 作品77(カバレフスキー作曲)
2.交響曲 第5番 ホ短調 作品64(チャイコフスキー作曲)

管弦楽 : NHK交響楽団
指   揮 : 尾高忠明
チェロ:マリオ・ブルネロ
(2018年6月20日 サントリーホールで収録)


ラフマニノフピアノ曲

ラフマニノフピアノ曲を、ウクライナ出身の名手、
コンスタンチン・リフシッツのリサイタルからどうぞ。

前奏曲 嬰ハ短調 作品3 第2(ラフマニノフ作曲)
前奏曲 ニ長調 作品23 第4(ラフマニノフ作曲)
前奏曲 ト短調 作品23 第5(ラフマニノフ作曲)
前奏曲 嬰ト短調 作品32 第12(ラフマニノフ作曲)
前奏曲 変ニ長調 作品32 第13(ラフマニノフ作曲)

ピアノ:コンスタンチン・リフシッツ
(2016年2月23日 紀尾井ホールで収録)

チェロ:マリオ・ブルネロ
指 揮:尾高忠明
NHK交響楽団
ピアノ:コンスタンチン・リフシッツ